現役生が予備校に行って医学部受験

徐々に成績アップにつながりました

予備校に行って医学部を受験しました | 学校の先生と比べると予備校はプロの教え方 | 徐々に成績アップにつながりました

英語の方は文法は次第にできるようになりました。
試験でも文法のパートはほぼ満点が取れるようになり、自信がついてきました。
それでも長文がダメで、長文の問題をするときは、いつも時間切れになりました。
予備校の夏休みの講座で英語の長文の特訓を受けました。
とにかくたくさんの長文を読んで、その内容を理解できるようにする講座です。
先生が熱心な人で、熱意を持って教えてくれました。
この先生も教え方が巧くて、感心しました。
一から十まで全部教えるのではなく、重要なところ教えて、後は生徒に考えさせるようにします。
その教え方のせいで、先生に頼らずに、長文が読めるようになりました。
また文の読み方も完璧に理解しようとせずに、文章の中の大切なところを重点的に読むように指導されました。
その講座のおかげで、長文が読めるようになったと思います。
2学期に実施された模擬試験で、英語で初めて8割以上得点することができました。
それがきっかけになって苦手意識がなくなりました。